3歳過ぎの8割のワンコが歯周病

特に小型犬のワンちゃんの8割が歯周病と言われています

この数字を聞いても

確かに、すこし匂いとか気にはなって来てるけど
「うちの仔はまだ大丈夫!」って
3歳くらいだと思いますよね?

多少の口臭なら愛する我が仔の場合は
慣れますしね 笑

 

下記の写真は2歳10か月のトイプードルです

(写真は飼い主様の許可を頂いている方のみ
犬種と年齢をご紹介しています)

img_0287

【ビフォー】

奥の歯、犬歯、前歯も

歯石で歯肉が押し上げられて歯肉が

炎症をおこして赤くなっています

【アフター】

歯石除去した後は、腫れが引いてきています。まだ、若いので
腫れも少しですし、引くのが早いです。また早い段階だったので色素沈着もなく、キレイな真っ白い歯が出てきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

もし、このまま歯石がどんどん厚くなっていたら
歯肉の炎症も悪化してたかと思います。

 

早いうちにケアしに来てくださって良かったです。

こちらのワンちゃんの飼い主さんは
歯磨きケアがなかなかできません。
3歳未満でこのくらい付いていたので
もともと歯石が付きやすい仔かと思います。

1か所、歯並びが悪い箇所があり、
そこには特に歯石が溜まりやすいですね

うちの仔もそうですが(2キロトイプー)、
歯と歯が密集している小型犬は
歯石が溜まりやすくなってしまいます(-_-;)

こればかりは、その仔その仔の体質ですね

小型犬の場合は3歳位だと
見える箇所にはついていなくても
奥歯についている仔は多いです

早い段階でケアしてあげて欲しいので
4歳未満(48ヶ月)までのワンちゃんは
7000円のメニューをご用意しています

お口の奥までチェックできない方は
無料でチェックいたします

お写真を撮影して、説明したうえで
ケアが必要であれば後日
予約をしていただくか、まだ大丈夫か
決めていただきます。

(こちらから無理にオススメはいたしませんので
ご安心ください)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://dogcare-goodteeth.com/2016/12/08/teethcleaning-3/trackback/

PAGE TOP