【無麻酔歯石除去】ミニチュアシュナウザー8才

 

【8才ミニチュアシュナウザー】

初めての歯石取り。 シュナウザーは最初から最後までジッとして

良い仔にできる仔がとても多いです。

 

お口が小さすぎると自宅ケアが難しかったりしますが
サイズ的にも丁度よいので、自宅でもケアがしやすい犬種だと思います。

 

シュナウザーは、小さい頃は歯石がそんなに気にならない仔も多く、

病院でも、


この位なら、まだ麻酔をしてまで取らなくても大丈夫

と言われているうちに、歯が茶色のにも見慣れ、

シニアになると、段々麻酔をかけるのを躊躇してしまい
どうしよう、と思う方もいらっしゃいますよね。

 

 

歯石の色は濃い茶色で目立ちましたが
歯茎の目立つ腫れやグラついている歯は無かったです✨

 

奥歯は歯が見えない位、歯石で覆われていましたが
立派なきれいな歯が出てきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

 

よく、「ワンコは歯が全部無くなっても大丈夫」と言われますが、、、、

 

確かにゴハンは食べられます。

 

ですが、小さい仔だと下顎を骨折しやすくなるリスクもあるので
やはり歯はなるべく残してあげる方が良い、と歯科専門医のセミナーで
先生がおっしゃっていました。

小型犬の歯のケアはとっても、とっても大切です。

爪が伸びたら切る。

毛が伸びたら切る。

耳の掃除をする。

と、同じように定期的に、気軽に出来る優しいケアを目指しています。

 

なるべく早くからスタートするのがベストなので

歯石が気になる2、3歳の仔が気軽に出来るよう

4才以下(48ヶ月)のワンちゃんは、7000円(税別)です。(要、証明書)

4才以上のワンちゃんも、キャンペーン中で8000円(税別)です。2017年8月末まで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://dogcare-goodteeth.com/2017/05/15/teethcleaning-9/trackback/

PAGE TOP