【無麻酔歯石除去】3才ミニチュアダックス

人懐っこい3才のダックスちゃん。

人懐っこい性格、とのことですが、
最初は初めての場所で、ちょっぴり緊張していました。

けど、コミュニケーションを取りながら始めると
すぐに慣れて良い仔にできました✨

終わった後はすっかり慣れて、のびのびとしていました✨

まだ3才だけど、歯石は全体的に付いていて
裏側にも付いていました。
とはいえ、まだ3才なのでうっすらした歯石。
歯茎の炎症も無く、良い仔だったので
裏側もキレイになりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

年齢の割にはちょっと付いていたかな~。
唾液量が少ないから付きやすいのかな?

付きやすい仔は、自宅でも歯みがきをしてあげると
より口腔環境をよくすることに繋がります。
諦めないでやり続けると、ワンちゃんの方が諦めるようになります。
(ウチの仔も歯ブラシを見ると、いまだにそそくさ逃げますが 笑)

ただし嫌がらないような保定の仕方、お口の開け方を
してあげた方が良いですが、、、文章で説明するのは
難しい💦

あ、歯みがきの後は、


えらいね~!

と、高い声で褒めてご褒美をあげてくださいね!
やっぱり、ワンちゃんは飼い主さんに褒められるのが
とっても嬉しいですので、褒めて、ご褒美、とても大事です。

獣医の先生のセミナーでも、ご褒美をあげてください、って
言っていました。

そういえば、当店で歯みがきレッスンに来てくれたお客様も
ご褒美をあげてから、歯磨きの時に
寄ってくるようになりました。と言っていました 笑
(ホント、ワンちゃんカワイイですね♪)

 

とはいえ、自分の仔だと

嫌がってるし、動くから出来ない(;´・ω・)

と、早々に諦めちゃいますよね 苦笑

諦めないで、拭くだけでも、2,3日に1回でも
続けて欲しいな~と思います。

歯ブラシをされている場合は、

☑柔らかいブラシを濡らして使用。
☑力加減の目安は、ブラシが開きすぎて割れない位。
☑ブラシが密集しているものを使用。
TEPEの歯ブラシは、歯科専門の獣医さんがお勧めしていて
当店でも使用していますが、使いやすいです。(人間用)

 

お口が小さいワンちゃんの場合、

ミニエクストラソフト、コンパクトサイズがお勧めです。
ヘッドの先がコンパクトで使いやすいと思います。
歯が小さいワンちゃんの場合、ブラシをペンチで抜いて、
1本、1本の歯を磨けるように小さく調整すると
歯茎など余計な箇所にあたる箇所が少なくなり、
ワンちゃんも良い仔に磨かせてくれてると思います。

(私たちと同じで、ワンちゃんも歯茎にゴシゴシされると違和感があるので嫌がります💦 柔らかいブラシで優しく磨くとやらせてくれますよ💛)

人間と一緒で、歯と歯茎の間を磨くイメージです。

あと、横に動かすだけではなく、ワンちゃんの歯の形状に合わせて、ブラシを動かしたりする必要はあります。

今日も、わんちゃんの歯がキレイになって
嬉しいです♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://dogcare-goodteeth.com/2017/04/22/teethcleaning-8/trackback/

PAGE TOP